読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

台湾と自転車

2016年【環島】真夏の台湾ブログ

台北へ戻る

紀行編

今後の天気と台北への帰路

 

 

朝起きると、霧雨が降っている。

 

「霧雨」なので、台北に戻るか?高雄に留まるか一瞬迷った。

 

ニュースをつけると、お天気お姉さんがワシャワサ話している。

今日も豪雨の予報、そして明日も。で心は決まった。バスで、台北に帰ろう。

 

着替えを済まして、世紀旅店(CenturyHotel)のフロントに、お礼を言って、チェックアウト。

今回のホテルではスタッフの方にも随分世話になった。

実は自転車の旅の間、このホテルだけ、自転車を室内に入れることを拒まれた。

それで、盗まれたりするのが嫌だから中に入れてと言ったら、フロントからカメラで24時間監視しているから大丈夫と言われたのだ。

少し不安だったが、雨脚が強くなったら奥の濡れないところに移動してくれていたり、以外と気を使ってくれていた。

ホテルの「呉」さんには、おいしい店にも連れて行ってもらった。

感慨深いものもある、この街での3日間の思い出を胸に、高雄駅(台北)に向かう。

駅に着いたら、少し雨足が強くなってきた。

 

駅前の交差点についたが、

台北行のバスターミナルはどっちだ???

 

駅前のバスローターリーの表示では、あまり馴染みのない行先が表示されている。ということは、ホントの地元近隣行きのバスということだ。

駅前大通りを行き交うバスには台中行とかのバスも走っていた。自転車で、それを追っかけて行ってみると

 

おおっと、ネットで、見たことがある。旧高雄駅だ。ここにあったんだ。

 

 

f:id:votake777:20161120095553j:plain

 

実は、この写真フェンスの間から撮りました。

 

高雄駅は解体か、移設かそれとも観光施設にするのかわかりませんが、これから工事に入る感じでした。ほぼ全面をフェンスで囲まれていて、たぶん気にしていなければ通り過ぎていたと思う。

駅というより、小さなお城という風情だね。

 

で、隣の国光バスターミナルを無事に見つけた。

 

少し広い場所を見つけて、初めての

 

自転車輪行

 

解体作業開始。

 

f:id:votake777:20161120095600j:plain

 

f:id:votake777:20161120095559j:plain

 

f:id:votake777:20161120095558j:plain

 

とまあ、こんな感じで説明書を読みながら20分ぐらいで作業終了。

(写真は台北についてから組み立ての様子を撮ったものです)

 

途中、不思議そうにこっちを見ている、おじさんも居たりして、焦ってしまった。(こっちもなれない作業なので、見られていると緊張する)

 

バスターミナルに入ってチケットを買う。いつも英語が通じないので、気合を入れて向かってみる。

 

例によって、中学生英語で「タイペイ、ワン」「ウィズ、バイスクルOK」と言って輪行の袋を指さしてみる。

 

英語も大丈夫のようで、いろいろ説明してくれて、次のバスの時間を教えてくれてチケットをくれた。

 

 無事に、自転車も運べそうだ。

 

 

f:id:votake777:20161120095554j:plain

 

 

f:id:votake777:20161120095555j:plain

 

なんと、料金は時期によって変動するらしい。今回は470元だった。

台中までは、240元、なぜか桃園までは台北より高い500元だった(不思議)

 

バスに乗ったらすぐに結構な雨が降り始めた。判断を間違えていなかったということで、少し満足した。

 

f:id:votake777:20161120095557j:plain

 

いよいよ台北に戻ることになる。

 

 

 

台湾では地下鉄に自転車も乗せられる

紀行編

台北の地下鉄

台北の観光では地下鉄は大活躍だと思う。今となっては、もう、何処でも地下鉄で行けちゃいます。それに東京と比較して格安なタクシーを組み合わせれば、快適な台北の旅になると思います。

 

このブログでは自転車がらみの事を紹介しているので、地下鉄との絡みも話しておきます。

ここ台湾では、台鉄だけでなく地下鉄でも自転車を乗せることができます。

私は、台北では、少しの雨ならそのまま自転車に乗っていく、大雨なら喫茶店を見つけて休憩するようにしていました。

よって地下鉄に乗せる機会がなかったのですが写真で紹介しておきます。

この写真は「大安森林公園」駅です。

見ればわかると思いますが、表示の意味は、「エレべーターには自転車2台を乗せられるよ、ホームまでどうぞ」ってことですね。

 

f:id:votake777:20161126190055j:plain

 

 

こちらの写真は、普通の自動改札機では通れないので、「駅員横の大荷物用の所を通ってね」ってことのようです。まあ当然ですよね。

 

f:id:votake777:20161126190054j:plain

 

自転車は、最終車両に乗せてと表示のあることが多かったです。(先頭車両もあるかもしれない?)

全線、全駅で利用できるようではないですが、自転車自体が非常に優遇されていることはわかると思います。

 

高雄の地下鉄

最近では、台北の地下鉄も各線が開通。非常に便利になってきている。それに、かなりきれいな車両とホームだ。

 

でも高雄の地下鉄はもっと斬新なホーム、外観である。写真は美麗島駅、ステングラスが文字通り美しく綺麗。

綺麗な駅があると聞いてはいたが、たまたま通りかかったので地下に降りて写真を撮ってきた。
 

f:id:votake777:20161117115235j:plain

f:id:votake777:20161113014311j:plain

 

高雄でも地下鉄に普通自転車、折畳自転車を乗せられるようだ。1,3番出口からエレベーターで降りられるよ。ってことですね。ピクトグラムの表記だと折りたたんで乗せられないとダメな印象になってしまう。漢字表記より、やっぱり、英語表記がわかりやすいね。

 

f:id:votake777:20161123000732j:plain

 

 

例えばこんな感じのモダンな駅も存在する。美麗島駅の隣、中央公園の駅です。この駅でも「ポケモンGO」をする人がかなりたむろしていた。

台湾でも爆発的な人気のようですね。

駅舎の屋根にハトもかなりの数がのっかっているね。

 

f:id:votake777:20161123000731j:plain

 

 

振り返ると南国の公園の風景が広がっている。

 

f:id:votake777:20161123000730j:plain

 

 

ホームもこんなにきれい。

 

f:id:votake777:20161120095551j:plain

 

電車も新しい。

今の所、高雄の地下鉄は、南北に延びる紅線と東西に延びる橘線の2本だけ、これからどんどん発展していくのだと思う。

 

その真ん中に美麗島駅がある、ステンドグラスは乗降客の目を楽しませているのだと思う。

 

 

 

気に入ったらお願い↓

 

環島、7日目の反省

紀行編 旅の振返り

台湾1周(高雄高雄)7日目の振り返り

 

今日は雨の合間を縫っての観光の一日だった。

 

昼も強めの雨、夕方とからまた雨、夜になっても雨。

その合間に少し晴れ間。

 

雨宿りしたり、小雨の中を自転車で移動するより、地下鉄と、タクシーでの移動のほうが良かったのかもしれないなと思うこともあったが、自転車の自由度もやはり魅力だ。

 

天気予報では、明日以降も結局4日間ずっと雨。特に台南より南は豪雨の予想である。

夜になって、パパイヤミルクを飲みながら、今後の旅程について3案を考えた。

  1. 嘉義ー高雄区間は結局電車で移動したので、この区間を晴れ間に走る
  2. このまま南下して最南端または、車城あたりまで走る
  3. 晴れた時間帯に輪行して電車または、バスで台北に戻る

嘉義ー高雄は平坦で走りやすそうだ。でも、もしいつか、環島に再挑戦するなら、観光の関係で嘉義から始めたいとも思う。

嘉義に戻る感じになるのは嫌だが、この区間には台南という都市もある

 

ここから南へ下ると、海がきれいになる(海水浴もできる)らしい、少し楽しみだ。でも、悪天候、雷の中、海に行っても意味がない気もする。

 

ということで、あれこれ悩んだが、明日または明後日以降、晴れは望めないかもしれないが雨が降っていない時間帯に、台北に帰ることにした。

 

一昨日、電車での移動は経験済みだが、輪行袋に入れたとしても、自転車を電車に乗せると、周りの方に迷惑だろうなーと思う。

未経験だけど、輪行袋に自転車を入れば、バスでも移動可能。安くて快適とのブログ(コメント)も多数見受けられたため、バスで移動を選択することにした。

 

 

高雄の六合夜市

 

お腹はいっぱいで何も食べる余地がなかったが、六合夜市を冷やかしに行ってみた。夜も少し遅い時間だったので、自転車はおいて地下鉄と徒歩。

 

南国の魚もおいしそう、氷からは色んな魚が顔を出しているが、ここは南国、ヤシの木の添え物も植わっている。

 

f:id:votake777:20161120095550j:plain

f:id:votake777:20161120095547j:plain

f:id:votake777:20161120095546j:plain

 

結構海鮮物、果物が多い。夏はいろいろな果物が並ぶ。

観光用の夜市でもあるので、昨日行った地元の夜市の値段の1.5倍。

でも清潔感はずっとこっちのほうがある。

 

明日、晴れれば台北に戻る。いよいよ、旅も終盤になる。正味5日しか自転車を漕いでいないので、心残りがある。

逆に、雨が降れば、高雄にさらに連泊することになる。旅が続くのは楽しいので、いつもと違い、雨が降ればいいとも思っていた。

 


 

気に入ったらお願い↓

 

YouBike、C-bike、台湾街中レンタル

紀行編

GIANTの運営する街中レンタル自転車

 

台北観光をしているとよく黄色いレンタル自転車を見かける。

広告がついているから、レンタル自転車と一目でわかる。

 

台北ではYouBikeと呼ばれている。

 

私は台北から旅に出て、桃園石門近くを走っているときにYouBikeを見かけた。台北市街地から25Kぐらいだと思うが、「ママチャリに近い自転車でよく来た」と感心した。

山道かなり大変だろうなー。

 

それから数日後、台中の街中でまたもやYouBikeを見かけることになる。さすがに台北から乗ってくる人はいないと思うが、台中市街地でも普及しているようだ。

 

f:id:votake777:20161121234525j:plain

 

無人ステーションにある自転車をクレジットカード、や悠遊カード(EASYCARD)等でレンタルできる。返却は町中にある別ステーションでも乗り捨て可能な仕組み。

また、スマフォのアプリを使えば、各ステーションの混み具合はリアルタイムでわかる。

細かい、故障の場合の対応など、いろいろな情報が詳細は他の色々な紹介ページがあるので、そちらを参照して欲しい。

 

 

で、これが、高雄に来ると青い自転車でC-bikeになる。駐車(ロック)の仕方は少し違うようだが、基本的に、仕組みは同じ。

 

f:id:votake777:20161113014310j:plain

 

 

 

東京でも港区、千代田区等で自転車のシェア、レンタル自転車があるがまだまだだ。

特定のステーションに自転車が集中して駐車され、他のステーションに自転車がなくなる現象が発生したり、壊れた自転車のメンテナンスに費用がかさんだりといろいろ問題もあるそうだ。

 

GIANT、台湾に学べかな。

 

 

 

気に入ったらお願い↓

 

台湾でのバイク事故、交通安全について

紀行編

単車(スクーター)、事故注意!

 

台湾を自転車で旅すること約1週間

この間、車道にいる時間もかなりの時間になる。

この間、何件の交通事故を目撃したと思いますか?

 

 

 

 

 

 

 

正解は3件

 

バイク同士の事故(台中)

2台のバイクが路上に散乱、2人の人が立てずに、そのまま座り込んでいる状態。

 

バイク単独の事故(高雄

写真を撮るわけにもいかない 惨状。道路(アスファルト)に顔をこすった痕、顔がはれて、正直ひどい状態になった方も見た。

 

バイクと車の事故(中歴)

救急車が私を追い越していったと思ったら、500M先で、事故にあった方をストレッチャーに乗せている姿。その脇には壊れたスクーターとそれに接触したであろうへこんだ車が停車でいていた。

 

そういった状況を見かけるたびに、自分も安全運転に気を付けようと言い聞かせた。

 

台湾で環島に挑戦する方に向けて、交通状況について話し、注意喚起をしておきたい。

 

簡単に話すと、台湾での交通事故は日常です。

周りの方に合わせて走っていると危険です。走りやすい道が多いが気を抜かないほうがいい。

親日国といっても外国、救急車には乗りたくないでしょう。

日本で走る以上の注意が必要です。

 

必ず保険にも入っておきましょう。

 

バイクに突っ込まれて自転車大破、本人も救急車で病院送りになった方のブログも読んだ。

 

台湾の信号機は、日本より暗いものが多いです。日差しが強く、逆光になっているとよく見えないこともありました。自分自身も、信号がはっきり見えなくて、(青だと思って)前の車について交差点に突っ込んだら、クラクションを鳴らされ、ひやっとしたこともありました。

 

それから、台湾の人への注意喚起の意味もあるのかもしれないが、毎日、ニュースでは、交通事故の情報を必ず報道していた。

 

その他、「危ないな」と思ったことがいくつかありました。その内の1つがこの写真です。バイクにレッドリバー(犬)を乗せるって、それだけで結構危険だと思う。

 

f:id:votake777:20161122085911j:plain

 

あまりヘルメットなしで走っている姿は見かけなかったが、ここに書いた通り、高雄のホテルではスクーターの後ろヘルメットなしで100Mほど送ってもらった。

いい経験にはなったがやっぱり十分注意が必要。

 

 

 

写真はないが、バイクのメットにはドライブレコーダーカメラを装着した方も結構いました。

それだけ事故が多いということだと思う。

 

 

豆知識:台湾の歩道信号では、歩行者が歩いている(走っている)表示のものを見かけることがある。これは台湾のデザイナーが書いたもの。しかし特許?商標?登録しなかったので、イギリス英国でも同じ表示の信号が普及している。

 

 

気に入ったらお願い↓

 

 

台湾ブランド、「地蔵小王(じぞうぼさつ)」

紀行編

ロゴのファッションプランド

 

高雄には巨大百貨店、ショッピングセンターも存在する。

「統一夢時代ドリームモール」

 

観覧車の大きさからショッピングセンターの巨大さがわかると思います。

日本でいうなら、「イオンモール」の大きめの所とか、「ららぽーと」とかを想像してもらえばいいと思います。

 

f:id:votake777:20161121234520j:plain

 

 

ショッピングセンターに行ってみたらなかなかいい感じの服がある。!!

 

気に入った

 

地蔵小王と書いて「じぞうぼさつ」の英語表記。

 

非常に気に入りました。自転車旅行でなければ間違いなく数着、買って帰ったはず。

 

 

f:id:votake777:20161113014312j:plain

 

「鬼洗い」

とか書いてあるので、丈夫な生地でできているものもあるのか?

 

平安時代の初めから」

とあるので、日本ブランドか?と思ったら、台湾現地ブランドでした。

 

なんていうんでしょ、ファンキーでいい!!

次回行ったら間違いなく買ってきちゃうと思う。

 

f:id:votake777:20161113014313j:plain

 

 

f:id:votake777:20161117115230j:plain

 

ヘビメタっぽい感じも、いい!!

 

 --

 

台北に戻って、西門をうろうろしていたら同じブランドショップを見かけた。

f:id:votake777:20161121234524j:plain

 

台湾ではメジャーなんだなきっと。

 

 

気に入ったらお願い↓

 

高雄の定番、観光スポット

紀行編

蓮池潭、龍虎塔

 

昨夜の雷は結構すごかった。

 

翌朝、

 

雲は、重く低い。けど、雨は降ってない。ラッキー。

 

このホテルでは朝食はない。昨日、路上パン屋で買ったパンと、赤色ドラゴンフルーツを頂く。

 

パンはメロンパン風、おいしいが甘かった。赤いドラゴンフルーツって栄養価が高いと聞く、それに希少価値が高いとも。パンもフルーツも見た目がいまいちなので写真はなし。

 

 

高雄の観光地といえば  蓮池潭、龍虎塔 ですよね。

 

雨の降っていない間に、早速行ってみることにする。

自転車で、出かけてみると小一時間で龍虎塔に到着。意外と距離があった。

写真はいっぱい撮ったが、証拠写真だけ一枚のっけておきます。

 

f:id:votake777:20161120211811j:plain

有名すぎる観光地なので、色々な人が紹介していると思います。見たい人は普通に検索してみて頂戴。

 

 

 

塔の上に上がるとは水上スキーを楽しんでいる人が見えた。よく見ると、水上バイク(ジェットバイク)が無い。

 

 

f:id:votake777:20161120211812j:plain

 

クレーンのようなものの上からワイヤーで引っ張って水上スキーをするようだ。水上スキー自体も珍しいが、クレーン型のものは初めて見た。

 

龍虎塔は写真で撮ると絵になるが、行ってみるとまあこんなもんかという感じ。他にもこの湖?池?にはいくつか似たようなものがあるみたいだ。

時間に縛られないし、湖の周りに自転車道もあるようなので行ってみるか?と思ったら、予報通り来ました。

 

 

 

雨、雨、雨

多少濡れるのは覚悟してましたが、いつものように結構な雨。

一旦、ホテルの近辺まで戻ろうと思い、雨の中、自転車を漕ぐ。高雄駅近くまで戻ると少し小降りになる。

 

 

高雄のライトレール

高雄には路面電車(最近ではライトレールというらしい)が走っていた。なかなか恰好いい。海岸線を走っていた。

 

f:id:votake777:20161120211813j:plain

 

 

高雄タワー

高雄タワーに関する情報もいろいろなサイトで紹介されている。高の文字を象(かたど)ったようだが、正直ダサいと感じるのは私だけだろうか?

で、いいアングルもないので海辺の公園オブジェと絡めて写真撮ってみました。

 

f:id:votake777:20161120211815j:plain

 

国際展示会場

意外と広く、長いので写真に入りきらない。芋虫風。

 

f:id:votake777:20161120211814j:plain

 

 とまあ、観光する感じの所を回ってはいない。というか、あんまりいい、観光地がないのだ。

 

旗津島という、細長ーいしまがあるそうだ。サイクリングにもってこいらしいが、、雨は降ったりやんだりで、行く気にならなかった。

 

高雄という街、結構広い、地下鉄でも動ける、住みやすそうな、海鮮も頂ける、台湾第2の都市。ただ、観光地ではないと思う。

 

 

 

気に入ったらお願い↓