台湾と自転車

2016年【環島】真夏の台湾ブログ

台湾での自転車購入

GIANTで自転車を買う 2

昨日(2016年8月26日)捷安特(GIANT)-SOGO店で買ったロードバイク。翌日には受け取り。私の昨日の話は店員にうまく伝わっているのか?若干の不安ありつつ、お店に向かう。

お店に伺ったのは15:00頃。お店には、昨日対応していただいた方+もう1名の店員の方がいた。両名とも若干の英語ができます。お店についたら、自転車は売却済みの札を付けて展示してある。組み立ては済んでいるようだ、一安心。

シートポストの調整をしてもらう。雑誌を又下に挟み、足の長さを測る。その後おもむろに、シートポストを六角レンチを使って調整。

さらに、実際にまたがり、姿勢を見てもらい、再度微調整をしてもらった。

それから、台湾仕様の自転車は、日本とは違い、ブレーキのレバーが左右逆だ。つまり、右ブレーキが後輪ブレーキになる。ネット情報では知っていたのだが、私の場合は、日本仕様に変更してもらわなかった。昔は左ハンドルのマスタングにも乗っていたし(関係ないか)自転車のブレーキが違うからといって、気にならない。

 お店の人もこのことはご存知のようで、注意を受けた。また、タイヤロックにも十分気を付けてと言われた。

 

f:id:votake777:20160926090822j:plain

因みに私はロードバイクは経験がほとんどなし。実はこの時ドキドキだった。

でこのバイクを乗りこなせるのか、環島は無謀なのかとなと少し思ったりもしていた。

業務用のエレベーターに案内される際に、(昨日とは別の店員の方に)カタコト英語で再度、10日後に再度戻ってくるので、パッケージをお願いしますと念を押しておいた。店員さん「NO Probrem」とのこと。これまた、一安心だ。

で、バックヤードからSOGOを出て、現在滞在中のホテルまで、約2K程度。途中、小さな公園広場を見つけて自転車の練習。ブレーキの効き具合や自転車の軽さに驚きながら安全な所で練習、ぐるぐる回る。

自転車ってものによって全然違う乗り物になる。ママチャリ、クロスバイクロードバイク、マウンテンバイク。初めてクロスにまたがったときちょっと怖かった、スピードも出るし、軽いし、ペダルを漕ぐとダイレクトにスピードに変わる感覚が面白かった。

今回も同じような衝撃があった。こんなに軽いのか!大丈夫なのか?怖いが面白い。

台湾の交通事情にも慣れないが、車道、歩道を交互に行き来しながらホテルに向かう。結構汗だくになりながらホテル到着。

その後結局日本に帰るまで、10日間、自転車には2,3日後に慣れたが、右側通行には最後まで馴染めなかった。