読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

台湾と自転車

2016年【環島】真夏の台湾ブログ

台湾で、飛び込みで、ホテルを探し

今日泊まる宿を探す

 

なんとか、中歴について、駅の周りをうろうろする。

 

いくつかホテルがある。

 

ホテルのある街だということが分かり、少し安心。

 

私は実は、システム関係の会社に所属している。スマフォも普通に使えば、開発系のツールも多少は使える。

つまり、何が言いたいかというと、50のオヤジだが、ホテルの予約程度はインターネットでもできる。

ただ、今回の旅では、若いころから憧れていた、バックパッカー的な事もしてみたかったので、あえて飛び込みでホテルに行ってみた。1日1000ドル以上なら交渉してみよう。宿の交渉をしてこそバックパッカーだ。

 

(本物のバックパッカーは1日300ドル1000円以下のドミトリ等に泊まるらしいが、相部屋、2段ベッドは嫌なので、そこまではホテルランク落とさないことにした)

 

で、1軒目のホテルに入ってみた。

 

エクスキューズミー。ドゥ、ユ、ハブ、ルーム、トゥデイ。アイドントハブリザベーション。キャンアイステイトゥデイ。

 

完全に小中学レベルの英語、しかも日本語発音。で反応を見たが、対応してくれたお姉さん、全く英語話せず。当然日本語も無理。

中国語(台湾語)で少し話してくれるが全く分からない。

 

1,2分話したがらちが明かない、なぜ、ホテルに入って今日泊まれるか聞いているのに、分かってもらえないのか不思議だった。

 

ふと見ると、奥は、赤紫のライトがついている。ああ、ここは「ラブホテル」なのかもしれない。だから、昼間、一人の泊まりたい客には部屋を開けてくれないのかもしれない。そう思って、「しぇいしぇい」といってホテルを出た。

 

雨はほとんど止んできた。

 

ホテルでの対応について考えてみた。

私が、自転車ウエアで、ずぶ濡れ状態だから対応してくれないのか?

ラブホテルだから泊めてくれないのか?

時間が早いからチェックインできないのか?

泊めていいよと言ってくれているが、それが自分にはわからないのか?

 

写真は、泊まったホテル、交渉したホテルはここではない。この近辺にもホテルは結構沢山あり。

 

f:id:votake777:20161007120921j:plain

 

悩んでいても仕方ない。観光案内所のようなものがあるのではと思い、駅に向かう。が、そんなもの存在しなかった。

 

(この時点で、中歴は田舎の、かなり寂しい地方都市をイメージしてました。東京に帰ってから調べてみると結構な都市なんですね。私の着いた駅前は、バスターミナルの反対側で、繁華街とは逆側だったからそういうイメージになってました。)

 

ホテル探し2件目に

 

つづく