読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

台湾と自転車

2016年【環島】真夏の台湾ブログ

竹南駅で「母は来ました~」ど演歌(岸壁の母)を聞く

紀行編 グルメ

爆音カラオケ演奏、ハワイアンギター風

 

街には各々、顔がある。

 

 

旅に出るということは、街に出会うことでもある。

新しい人と出会うことでもあるが、街そのものに出会うために旅をしているのかもしれない。

 

 

竹南駅では不思議な光景、音楽を耳にする。

 

駅前の広場の端で、爆音エレクトーン(ハワイアンギター風)が鳴っている。おじちゃんが、中国語の歌を歌いながら、演奏をしている。かなり上手。時間は16時、かなりの爆音、駅のローターリー広場全体に響き渡っている。

 

と、次の曲が、いきなり「母はきましーた、今日も来た~」と始まった、少しイントネーションがおかしいが間違いなく

 

 

岸壁の母

 

別に私はリクエストしたわけでもなければ、誰かが話しかけたわけではない。この南国で、この歌、ミスマッチだが不思議な雰囲気。

 

毎日、歌っているのかなぁなどと思いながら、駅前散策。

 

 

私は、特段、演歌好きでもない。当然、ホームシックになるわけもなく、また、久しぶりに聞いた日本語でもないので、気持ちが入るわけでもない。

 

駅の写真を撮りながら、拝聴させていただいた。

 

おじさんのおかげで、なんとなくこの街が好きになった。

 

駅前はローターリーというか小さな、バスターミナルになっていて、色々な地方に長距離バスが出ているようだ。この写真の左の端っこに小さくカラオケおじさんが映っている

 

f:id:votake777:20161018005626j:plain

 

この旅に出る前に台湾では、自転車を電車に乗せることができる、と聞いていた。自転車を優遇しているのはこの写真からもわかる。

15M先のエレベーターに自転車のせていいよのサインですね。

 

f:id:votake777:20161018011958j:plain

 

 ホテルの前の通りは、夕方から夜市の用意が始まる。いつものことだが、活気もあり、眺めているだけでも楽しい。

泊まったのは5階、窓からも、この通りが見えた。ただ、このホテル、本当にかなり古く、50年くらいたっているのではないかという印象。地震が来なければいいが、震度5程度でも、崩れそうな気がしていた。

 

f:id:votake777:20161018013448j:plain

 

台湾にはあまりクリーニングの習慣がないのかもしれない。コインランドリーを結構な頻度で見かけた。

大容量のドラム洗濯機が並んでいた。

 

f:id:votake777:20161018092513j:plain

 

今日の晩御飯は夜市屋台でと思い、うろうろしていると、かなりお客さんが入っている食堂発見、ここで定番ルーローハン、水餃子をいただくことにした。

完全に地元の定食屋という感じで、2、300円程度だったと思う。

 

メニューを見てもわからない事も多いので外の看板(文字)を写真にとって、これが欲しいと訴える。これなら通じなくても何とかなる。

 

やはりこちらでは、焼き餃子ではなく水餃子が普通のようだ。

 

f:id:votake777:20161018092604j:plain

 

そんなこんなで夜は更けていく。

 

 

今日の反省につづく

 

気に入ったらどうぞ↓