読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

台湾と自転車

2016年【環島】真夏の台湾ブログ

台湾一周を思いつく 4

私の環島、環球について

実は、私は軟弱精神の持ち主だ。「根性、気合」という言葉も嫌いだし。体育会系とか言われても無縁だと思っている。

今回の島一周といっても、皆さんの想像している過酷旅のイメージではなく、のんびり、観光でもしながら、一般の人の半分程度のペースで、ゆっくり観光しながら回りたいと思っていた。

それに、夜は絶対走らない。雨が降ったら直ぐに宿探しして、走らない!という掟を作って走るつもりだった。

今回取った休みは、2週間なので、一般の人が10日かかるところ、私は2/3程度のスピードで回ればいいと思っていた。

因みに、私の普段の生活は、

  • 会社までの通勤自転車で10分(クロスバイク
  • たまに出勤前に体力作りで、荒川30Km程度を走る(クロスバイク)
  • 週に2回程度はジムに行って、有酸素を30分~40分程度はする

まあこんなもの、30キロ走れるのだから、ロードバイクならそして、時間をかければ80キロ程度は走れるのではないかと思っていた。

10日ペースというのは、このページのPDFを参考にしていたのですが、ペースとしては、この1.5倍の時間をかけてゆっくり走ればいいやと思っていた訳です。

(ペースやら雨やら、実際は全然違うことになってました。いずれ紀行編にて記載しますね)

http://map.taiwan.net.tw/ebook/pdf/2015_bicycle_jp.pdf

このPDF内容は、初めてロードに乗った私にもぴったりはまる内容だ。

自転車を持ち込んだ方には、あてはまらないが、「自転車(ギアチェンジ)に慣れてきたでしょ」といった記載もしっくりくる。

 地図についてですが、私は荷物を極力減らしたいと思っていましたので、A4、1枚の台湾全土の地図だけ印刷して持っていきました。どうしても必要なら現地購入でいいと思っていました。

実際はというと、

GoogleMap

様ですべて対応できました。その辺の状況も紀行編で記載させてもらいます。

それから、このあたりのブログ(キンドルにまとまっていたのでDLしていった)も参考にさせてもらった。

 

台湾サイクリングガイド  Kindle

 

びんぼう自転車旅行記―台湾編: 高雄から台北まで一週間で巡る、予算五万円の自転車旅行 Kindle

 

f:id:votake777:20160929123905j:plain

写真は、ずいぶんきれいな 桃園空港第一ターミナル イミグレ前。