読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

台湾と自転車

2016年【環島】真夏の台湾ブログ

環島、6日目の反省

台湾1周(嘉義ー高雄)6日目の振り返り

結局、雨の一日だった。

自転車は殆ど漕いでいない。

電車に乗り、傘を差し雨の中を引いてホテルまで来ただけだ。何かもったいないことをした気がする。

 

とはいうものの、他にやりようがない。反省のしようがない。

 

 

まだ夕方だが、ホテルで濡れた靴を乾かしながら、以降の予定を検討することにした。

 

 

このまま台湾に滞在する5日間、予報が当たると、毎日雨が降り続けるかもしれない。

ただ、高雄に2、3日滞在すれば、晴れ間(というか雨の降っていない時間帯)を狙って、多少の観光やグルメを楽しく事も可能かもしれない。

逆に高雄に長居し続けると、滞在日程がぎりぎりになり、雨の中、台北に戻ったり、台北でのもろもろの作業をすることになりかねない。

今日の経験で、傘を差しながら、自転車で移動するのは結構なストレスになることは分かったので、台北の移動日も雨の降っていない日(時間帯)を狙って動くことにした。

 

それから、例の電車検索サイトで調べた結果、自転車を袋詰めしないでそのまま、台北(松山駅)まで(乗り換えなしで)運ぶことは無理そうなので袋に入れて運ぶことを検討するしかなさそうだ。

 

普段クロスバイクのメンテをしていて、パンク修理や自転車のタイヤを外すことは経験がある。でも、輪行(袋詰め)をした経験はない。(練習が必要かもしれないな)

 

今日の反省はこれぐらいにしよう。

 

捷安特 高雄愛河店に伺う

雨は降っているが、外はまだ明るい、晩御飯を食べに行ったついでに、輪行袋を買いに行くことにした。

訪台中もう何度目になるのかわからないが、近くのGIANTショップを探すと、歩いていける距離にあることが分かった。(GIANT 高雄愛河店)

お店の方にいろいろ相談してみた。なんと、ショップの方は日本に留学経験があり、日本語が堪能。

輪行袋は数種類あり、しっかりしたものから、簡易的な安いものまでいろいろと用意があった。私は輪行は今回1回限りかもしれないので、一番安いもので十分と言ってそれをもらってきた。

晩御飯を食べて、ホテルに戻った。

 

f:id:votake777:20161117134627j:plain

 

夜半から雷が・・・嵐のような雨が夜中何時間も続いた。

 

 

 

気に入ったらお願い↓